~ X JAPAN & J NEWS ONLY ~


by yaki101

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

hide メディア情報!

ジャパネスクロック ヴィジュアルスタイリング情報誌「Cure」(9/21号)で
イベントレポート、hide特集が掲載されます!
みなさん、是非チェックしてみてくださいね★★★


ジャパネスクロック ヴィジュアルスタイリング情報誌
「Cure」(9/21号)

<hide特集>
「VISUAL系に歴史あり!Vol.3」にてhide特集!

●hideが生まれてから、hide MUSEUM設立までの歴史が満載の「ディスコグラフィー」や「バイオグラフィー」を紹介!もちろん、hideの写真もいっぱいです!

●hideをリスペクトしてくださるアーティストのみなさんが、お気に入りのhideCDをチョイス!その楽曲にまつわるエピソードをコメントしてくれました★


<hideイベントレポート>
「hide presents MIX LEMONed JELLY 2006」(9/1)ライブレポート

先日、8/31・9/1に開催された「hide presents MIX LEMONed JELLY 2006」!
ビジュアル系のアーティストが大集合してくれた、
2日目(9/1)のライブレポートが掲載されています!
イベントに参加した方も、できなかった方もライブレポートををチェックして
会場の熱い雰囲気を体感しちゃおう!
[PR]
by YAKI101 | 2006-09-24 17:55 | X JAPAN NEWS
元「X-JAPAN」のYOSHIKI(40)が、ハリウッド映画「カタコンベ」(来年公開)のオープニングとエンディング曲を手掛けたことが23日、分かった。映画配給会社「デジタルサイト」が発表した。YOSHIKIは、グループ解散後の98年に米映画「イン・ゴッズ・ハンズ」の音楽制作に参加したことがあるが、ハリウッド映画への本格進出は今回が初めてという。

 映画は、14世紀に作られたパリのカタコンベ(地下集団墓地)を舞台にしたサスペンス・スリラー。主演は米若手女優のシャニン・ソサモンが務めた。人気スリラー映画「SAW」の製作スタッフが手掛け、現在は編集作業中。ロサンゼルスを拠点に活動を続けているYOSHIKIは、「映画のサントラにすごく興味があった。怖い映画は実は好きではありませんが、作品は単に怖いだけではなくて、アーティスティックなところが気に入った。人間の性や本質を描きたかった」と話し、ハリウッド本格進出に大きな手応えを感じている。主題歌のタイトルは「Blue Butterfly」に決まったという。

 YOSHIKIは、昨年3月に愛知万博の開会式で公式ソングを指揮者として披露した。また、今年4月には自身のプロジェクト「VIOLET UK」の曲「SEX&RELIGION」が、全米の音楽配信サイトで4位のダウンロード数を記録するなど国内外で大活躍中。スクリーンでも“世界のYOSHIKI”の存在感を存分に見せつけそうだ。

■未公開映像満載

 デジタルサイトは「X-JAPAN」の東京ドームライブのDVDを年末から来年にかけて全4作品を発売する。93年から、解散した97年までのドーム公演のもようが収録される。初めてパッケージ化される公演もあり、YOSHIKIのコメントや未公開映像なども満載という。
[PR]
by YAKI101 | 2006-09-24 17:54 | X JAPAN NEWS
YOSHIKI、ハリウッド進出…米映画「カタコンベ」の音楽担当

 元X-JAPANのYOSHIKI(40)が米国映画「カタコンベ」(07年夏公開)の音楽を手がけ、ハリウッド本格進出することになった。エンディングで使用される主題歌「Blue Butterfly」などを担当。同作はサスペンススリラーで世界公開も決定。YOSHIKIは「人間の性や本質を描きたかった」と曲への思いを寄せている。

 現在、米ロサンゼルスで活動している元X-JAPANのYOSHIKIが米映画の主題歌で本格ハリウッド進出を果たす。ホラー映画で人気を呼んだ「SAW」シリーズのプロデューサー、グレッグ・ホフマン氏の最新作。主演は若手女優の注目株シャニン・ソサモン。新感覚のサスペンススリラーだ。

 パリを舞台に14世紀に作られた地下集団墓地(カタコンベ)で開かれた若者のパーティーで、1人が閉じ込められ、前代未聞の結末を迎える。実話に基づいた映画化という。

 YOSHIKIの映画音楽提供はアニメ映画「X」や韓国映画「僕の彼女を紹介します」などがあるが、今回は世界配給も予定されている大作。製作サイドは日本公開バージョンのみでのテーマ曲を要望したが、今作のメガホンを執る新鋭トム・コーカー、デヴィッド・エリオット両監督がYOSHIKIの音楽を知って関心を持ち、オリジナルバージョンでも起用したいと熱望した。

 歌はユニット「VIOLET UK」でニナという名の米国人女性ボーカル。YOSHIKIは英語で「怖い映画はあまり好きじゃないけれど、この作品はアーティスティックで気に入った。(映画を)見て感じたままに表現した。人間の性や本質を描きたかった」とコメントを寄せた。

 日本公開は07年夏。ラストだけでなく、オープニングの曲も担当するという。
(スポーツ報知) - 9月24日12時10分更新
[PR]
by YAKI101 | 2006-09-24 17:48 | X JAPAN NEWS

SEPTEMBER

Sunday, September 17, 2006

SEPTEMBER
Current mood: grateful


Hi everyone

I can't believe its September. Time flies…… it fucking flies.

Well, first of all, I want to thank the people who came to see me at Otakon.

It was so nice to see you all there. I also want to thank the staff who took care of me out there.

Since X-Japan's last live show, except on a few occasions, I've pretty much been stuck in the studio in L.A.

I don't know what it is, but you guys make me wanna perform.



I'm not talking just about the people at Otakon; I'm talking about all of my friends and fans. You guys make me wanna be on stage……. make me wanna stay in this world….. You'll see how dark my lyrics are when we release Violet UK's first album.

Since X-Japan's last album, I haven't really put my feelings out there lyrically.

Some of the lyrics of VUK's songs could be the darkest I've ever written……… anyway, when I was in Baltimore, I ate a lot of crab cakes. I'm allergic to shellfish sometimes, but….. so what…… they tasted so good.

For two days I ate crab cakes for breakfast, lunch, and dinner. Crab cakes and so many sweet fans make me wanna go back again……. At the same time I felt so bad that we had such a limited time to do the autograph session.

I'm very sorry….really sorry…..for the people who waited in line for such a long time, but still couldn't get one.

I wanna go to these kind of conventions again, maybe Europe next time.

Well….. I guess I should first finish VUK's album, which I've been recording for too long. I'm trying everything….. absolutely everything to complete the album,……. I just can't say "when"…… yet.

It's really hard……really, really hard to compromise if you have a perfect vision when you write the score. It's hard to match the real world with what's in my head.



When I compose I just write the score on a piece of paper, rarely do I use a musical instrument.

At that time I can hear everything in my head. It's almost completed……. Then I'll go to the studio and put the real sounds such as drums, guitar, strings, etc….. to disk.

The real world sucks,… imagination is better,…. at least to me,…. when it comes to my music.

But sometimes I get chills during the recording sessions. A few weeks ago, we did some tracking with a singer Katie on a song called "Asphyxia" that was amazing…… the song.... the voice…… everything was perfect. I don't know what it was, but the song really hit me.

I'm blessed to have a singer like her, as well as the other singers for VUK.

Maybe my life isn't as bad as I thought.….. I guess I should stop typing now and get back to work in the studio.

Thank you all for being so supportive. I love you!!!





YOSHIKI





PS

Guess what I'm eating?

……………strawberries!!...... which I'm also allergic to (pretty often).

Oh… regarding "Blue Butterfly", the song I just recorded for a Hollywood movie that will be released next year.

They asked me not to reveal the name yet…… sorry……..

(But Pink is in it.)


5:46 PM -

****************************

2006.9.21
MySpaceのページにコメントがアップされていたので、翻訳致しました。

タイトル「9月」

みなさんこんにちは。もう9月だなんて信じられない。時間があっという間に過ぎていく・・・
飛ぶよはやく。まずはじめに、OTAKONまで僕を見に来てくれた人達に感謝したい。
みんなに会う事ができて良かった。
そこで世話をしてくれたスタッフの人達にも感謝したい。
X Japanの最後のライブから、(いくつかのイベントを除いて)僕はL.A.のスタジオにこもりっきりです。
それが何かは解らない、でも、皆がいるから僕は動きたくなってる。
OTAKONに来てくれた人達だけじゃなく、全てのファンや友達が。
皆がいるからステージに立ちたくなって・・・この世界に居たくなって・・・。

Violet UKのファーストアルバムがでたら、どれだけ詩が暗いかみんなわかると思う。
X Japanの最後のアルバムを出してから、僕は叙情的に自分の感情を書く事はあまりしてません。
Violet UKの曲のいくつかの歌詞は、僕が今まで書いたものの中で、最も暗い曲になると思います。

とにかく、バルチモアにいた時はクラブケーキを沢山食べた。甲殻類のアレルギーがでちゃう事もあるんだけど、でも・・・気にならなかった・・・もの凄くおいしかったから。

2日間はブレックファースト、ランチ、ディナーにクラブケーキを食べました。
クラブケーキと沢山の優しいファンの皆がいるから、また戻りたい・・・。
でも、限られた時間の中でしかサイン会が出来なくて、とても残念でした。
長い時間行列に並んでくれたのに、時間が来てしまってサインが渡せなかった皆、本当に、本当にごめんなさい。

こういうコンベンションにまた行きたいと思っています。多分、次はヨーロッパへ。

うーん・・・でも、相当な時間を費やしてレコーディングに取りかかっている、Violet UKのアルバムを完成させる事が先決だと思ってます。
全てをしようとしてる・・・。このアルバムを完成させる為に、全てを妥協せずに・・・。
ただ、“いつ”とは言えないです・・・まだ。

本当に大変で・・・譜面を書く時に完全なビジョンがあると、妥協する事が本当に大変なんです。

本当に。
現実の音と、頭の中の音をマッチさせる事が・・・。

僕は、曲を書く時は楽器は滅多に使わずに、ただの紙に書きます。
ただ、それと同時に全ての楽器が頭の中で鳴っています。ほぼ完成された状態で・・・。

それからスタジオに行って、ドラムやギター、弦楽器等の生音をディスクに入れていくんだけど・・・。
現実の世界は結構ひどい・・・。頭の中で鳴っている音の方が良い・・・
少なくとも、僕にとっては・・・僕が創る音楽にとっては。

でも、レコーディングセッションをしていると寒気を覚える事もあります。
何週間か前に、Katieというシンガーと“Asphyxia”という曲のレコーディングをしていた時は素晴らしかった。
曲・・・歌声・・・すべてが完璧だった。
理由が何だったのかは解らないけど、僕には衝撃だった。

Katieのようなシンガーや、その他のViolet UKのシンガー達と出会えて、僕は恵まれていると思う。
多分、僕の人生は僕が思う程悪くはない・・・
そろそろタイピングを終わらせて、スタジオで作業に戻るべきかな。

みんな、応援してくれてありがとう。
I LOVE YOU!!!

P.S.
私は今何を食べてるでしょう?
・・・・・・・・・イチゴです!!・・・これもアレルギーがでちゃうんだけど(結構頻繁に)。
あ、“Blue Butterfly”っていう曲なんだけど、来年公開予定のハリウッド映画に使われます。
まだ映画の名前は言えないんだけど・・・ごめんなさい・・・
(でも、PINKが参加してるよ)
[PR]
by yaki101 | 2006-09-22 14:38 | X JAPAN NEWS

heathゲスト出演

heathゲスト出演
2006年10月6日 CLUB24 YOKOHAMAにて行われる zoe's apollo crush!! にゲスト出演します。

zoe's apollo crush!!

■日時 / 会場■
2006 / 10 / 6 [Fri] Open 18:00 / Start 19:00
CLUB24 YOKOHAMA

■出演■
HAL FROM APOLLO'69,RaFF-CuSS
石田ショーキチ / SAY⇒ICHIROU / SUGIZO / 是永功一 / 秋間経夫 /
上西泰史 / 田中詠司 / hiro / HEATH / 恩田快人 / hiDezi / 太田 明 /
中田あらた / ...and more!!!

openから1時間、HAL FROM APOLLO'69のPV・未公開ライブ映像等の
上映とDJのコラボレーション・タイム

■チケット■
9/10[Sun] 発売
前売り\2.800_ / 当日\3.000_(ドリンク代別)
CLUB24 YOKOHAMA店頭 及び、
ローソンチケット TEL:0570-000-777 (Lコード:34427)

■お問い合わせ■
CLUB24 YOKOHAMA : 045-252-4120


HAL FROM APOLLO'69 HP
http://halfromapollo69.com
[PR]
by yaki101 | 2006-09-20 17:28 | X JAPAN NEWS