~ X JAPAN & J NEWS ONLY ~


by yaki101

<   2005年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2005年3月號 FOOL'S MATE

YOSHIKI
緊急帰国“独占”インタヴュー
VIOLET UKついに戦闘モード突入!
[PR]
by yaki101 | 2005-01-31 01:10 | X JAPAN NEWS
Yoshikiが遂に解き放たれる!!
2005年1月21日 (金)

ニュープロジェクト”Violet UK”胎動期がここに!

2003年9月、10年前のX Japan秘蔵映像『Art Of Life - 1993.12.31 Tokyo Dome』 が映像化された時から、Yoshikiの復活は予見されていた...

そして遂に、1997年12月31日の衝撃のX Japan解散から8年、長い沈黙を破りYoshikiのあの映像と音源が遂に登場!それは、合わせてViolet UKの始動&小室氏もオフィシャルサイトで公言している2006年夏のglobeとしての活動への布石なのか!?

その幕開けの第1弾となった、2002年12月3日と12月4日に東京国際フォーラム ホールAで行なわれたYoshikiの音楽的ルーツであるクラシックスタイルでのライブ。

一度は2003年に発売を予定していながらも延期されていたそのライブ映像が『Yoshiki Symphonix Concert 2002 With Tokyo City Pillharmonic Orchestra featuring Violet Uk』として3月30日にリリース!

Yoshikiが生み出してきた数々の印象的な旋律が、オーケストラとのコラボレーションで演奏され、壮大なスケールで解き放たれる約135分。そして「Forever Love」などのX Japanの名曲、彼のニュープロジェクトVIOLET UKの未発表曲を収録!

解き放たれた美しきメロディーは、そこで響き合い、新たな歴史へ歩み出そうとするYoshikiの夢と可能性を実感させてくれます。 新たなる歴史を創造しつつあるYoshikiの胎動期を捉えた、貴重なライブDVDです!

YOSHIKI : Piano & Tact
Daughterf rom VIOLET UK : Vocal
Nicole : Vocal
指揮:コンスタンチン D クリメッツ
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管絃楽団
音楽監督:藤原いくろう


新たな伝説の序章。
初CD化音源3曲を含む、待望のオリジナルソロアルバム!

1993年リリース時、およそ30万枚というクラシック作品としては空前のセールスを記録したYoshiki初のソロアルバム『Eternal Melody』。

今作はその続編ながらも、そこに留まらない意味を持つ。
X Japanの代名詞的バラード「Forever Love」、2005年開催の『愛・地球博』公式イメージソング「I'll Be Your Love」、Yoshikiのペンによる新生globeの「Seize The Light」、今回が初CD化となる5曲、(Hide死後に書き下ろした)「Without You」、Yoshikiのソロ作品であるピアノ協奏曲「Anniversary」、そして彼自身のニュープロジェクトViolet UKの「7th」「Red Christmas」など。

過去・現在・未来が交錯する中で自らのルーツを検証するYoshikiをとらえた貴重な『Record』である。

DVD Yoshiki Symphonic Concert 2002 With Tokyo City Phillharmonic Orchestra
Yoshiki / Violet Uk


インターネット税込価格 ¥4,515


ご予約商品 - 2005年03月30日 発売予定


ウィッシュリストに入れる


商品の詳細

ジャンル: ジャパニーズポップス
フォーマット: DVD
組み枚数: 1
発売日: 2005年03月30日
カタログNo: COBA4385
レーベル: コロムビア ミュージックエンタテイン
発売国: 日本
その他: ライブ盤, 2004





曲目とサンプル



1 Say Anything
2 Amethyst
3 Last Song
4 7th
5 Forever Love
6 Longing
7 Amethyst with Vocal and Piano
8 Seize the light
9 I'll be your love
10 Screaming blue
11 Blind Dance
12 Anniversary
13 Endless Rain
14 Tears





HMV レビュー

ニュープロジェクト”Violet UK”胎動期がここに! 2002年に行われたスペシャル・ライブが待望のDVD化!

2002年12月3日、4日の2日間にわたり行われたYOSHIKIの音楽的ルーツである、クラッシックスタイルのライブをDVD化。YOSHIKIの生み出した印象的な旋律がオーケストラとのコラボレーションで解き放たれる約135分。「Forever Love」などのX JAPANの名曲、そして彼のニュープロジェクトVIOLET UKの未発表曲を収録。ボーカリストの参加など、新たなる歴史を創造し続けるYOSHIKIの胎動期を捉えた貴重なLive DVDです!

【キャスト】
YOSHIKI : Piano & Tact
Daughterf rom VIOLET UK : Vocal
Nicole : Vocal

コンスタンチン D.クリメッツ : Tact
藤原いくろう : Tact
東京シティ・フィルハーモニック
管弦楽団 : Orchestra


Eternal Melody 2
Yoshiki

インターネット税込価格 ¥3,500



ご予約商品 - 2005年03月23日 発売予定


ウィッシュリストに入れる









商品の詳細

ジャンル: ジャパニーズポップス
フォーマット: CD
組み枚数: 2
発売日: 2005年03月23日
カタログNo: COCP33130
レーベル: コロムビア ミュージックエンタテイン
発売国: 日本





曲目とサンプル

ディスク 1


1 Unnamed Song
2 Seize The Light
3 Without You
4 Longing
5 I'll Be Your Love
6 君だけだから
7 Red Christmas
8 今を抱きしめて
9 Forever Love

ディスク 2


1 Anniversary





HMV レビュー

新たな伝説への序章。初CD化3曲を含む、待望のオリジナルソロアルバム!
1993年のリリース時、クラッシック作品としてはおよそ30万枚という異例のセールスを記録したYOSHIKI初のソロ・アルバム「Eternal Melody」。今作はその続編ながらも、そこに留まらない意味を持つ。
X JAPANの代名詞的バラード「Forever Love」をはじめ、2005年開催「愛・地球博」公式イメージソング「I'LL BE YOUR LOVE」、YOSHIKIのペンによる新生globeの「Seize the Light」、そして今回が初CD化となる4曲(X JAPAN未発表曲「WITHOUT YOU」、YOSHIKIのソロ作品であるピアノ協奏曲「Anniversary」、そして彼自身のニュー・プロジェクト、VIOLET UKの「7 th」「Red Christmas」)…。
過去・現在・未来が交錯する中で自らのルーツを検証するYOSHIKIを捉えた貴重な「record」である。
[PR]
by yaki101 | 2005-01-22 00:31 | X JAPAN NEWS

Original Solo Classic Album

『Eternal Melody II』
2005.3.23 release
COCP-33130 3,500YEN(TAX in)

DISC ONE(including 9 tracks)

1.Unnamed Song
2.Seize the Light
3.Without You
4.Longing
5.I'LL BE YOUR LOVE
6.君だけだから
7.Red Christmas
8.今を抱きしめて
9.Forever Love

WITH

DISC TWO(including 1 track)

1.Anniversary

1993年のリリース時、クラッシック作品としてはおよそ30万枚という異例のセールスを記録したYOSHIKI初のソロ・アルバム「Eternal Melody」。今作はその続編ながらも、そこに留まらない意味を持つ。

X JAPANの代名詞的バラード「Forever Love」をはじめ、2005年開催「愛・地球博」公式イメージソング「I'LL BE YOUR LOVE」、YOSHIKIのペンによる新生globeの「Seize the Light」、そして今回が初CD化となる4曲(X JAPAN未発表曲「WITHOUT YOU」、YOSHIKIのソロ作品であるピアノ協奏曲「Anniversary」、そして彼自身のニュー・プロジェクト、VIOLET UKの「7 th」「Red Christmas」)…。

過去・現在・未来が交錯する中で自らのルーツを検証するYOSHIKIを捉えた貴重な
「record」である。
[PR]
by yaki101 | 2005-01-21 02:13 | X JAPAN NEWS
『YOSHIKI Symphonic Concert 2002
with Tokyo City Philharmonic Orchestra featuring VIOLET UK』
2005.3.30 release
COBA-4385 4,515YEN (TAX IN)
(這樣便宜... 不太像よっちゃン作風= =)

◆ including 14 tracks

1.Say Anything
2.Amethyst
3.Last Song
4.7th
5.Forever Love
6.Longing
7.Amethyst with Vocal and Piano
8.Seize the light
9.I'll be your love
10.Screaming blue
11.Blind Dance
12.Anniversary
13.Endless Rain
14.Tears

◆CAST
YOSHIKI : Piano & Tact
Daughterf rom VIOLET UK : Vocal
Nicole : Vocal

コンスタンチン D.クリメッツ : Tact
藤原いくろう : Tact
東京シティ・フィルハーモニック
管弦楽団 : Orchestra

2002年12月3日、4日の2日間にわたり行われたYOSHIKIの音楽的ルーツである、クラッシックスタイルのライブをDVD化。YOSHIKIの生み出した印象的な旋律がオーケストラとのコラボレーションで解き放たれる約135分。「Forever Love」などのX JAPANの名曲、そして彼のニュープロジェクトVIOLET UKの未発表曲を収録。ボーカリストの参加など、新たなる歴史を創造し続けるYOSHIKIの胎動期を捉えた貴重なLive DVD。
[PR]
by yaki101 | 2005-01-21 02:11 | X JAPAN NEWS
お待たせいたしました!

2005年のNEW YEARにあわせて、hide MUSEUMのパンフレットも
新しいデザインになって登場しました!

表紙にはもちろんギターをもったhideが!!
hide MUSEUMの場内が、写真と共にわかりやすく解説されています。

さらに、英文案内もされているので
海外の方にも存分に楽しんでいただけますよ★


こちらのパンフレットは、只今hide MUSEUMにて配布中です。
来場の記念に是非、お持ち帰りくださいね!


バレンタインデーも近づいていますので
ロマンティックにhide MUSEUMで過ごすのはいかが?

新的小冊子耶~~ 如果有人拿些回來給我便好了~XD
[PR]
by yaki101 | 2005-01-21 02:04 | X JAPAN NEWS

globeの小室さん

Excite: 2年半ぶりの全国ツアーが始まり、早1ヵ月ですが。予想どおりですか。
予想外の点はありますか。

小室哲哉
(以下、TK): 珍しい事だけど、現状は予想以上ですよ。誰しも、大抵は、イメージと現実なら、イメージが上回るじゃない。イメージに制約はないから。それの何割引きかが予想になるわけだよね。これくらいできたら合格みたいな。今回は、それ以上。フルデジタルのシステムにしても、自分自身が創る音にしても、手応えを感じているし。KEIKOとMARCについては、予想以上って言い方は失礼かな。できるのが当然だから。それでも、あえて言うなら、イメージどおり。

Excite: コンサート会場でのオーディエンスの反応も熱いですね。



TK: それも素直に喜べる点だね。会場での直接的な反応がひとつマーケット・リサーチになるし。予想以上だっていう手応えは正解だという。もうひとつは近場にいる人達の声。たとえば“子供が最高だったって言ってた”とか。“友達が行ったほうがいいって言うから来た”とかさ。それが5人か10人なら、もしかしたらってレベルだけど、会う人ほぼ全員が口を揃えて言ってくれるから。そうなると、統計的にも、この手応えは正しいって確証になるでしょ。ほら、テレビの視聴率も、関東地区が600世帯だっけ。統計学上は、それでOKなわけだから。許容誤差の範囲というか。それに倣えば(笑)、このコンサートが当初の予想を上回ってる確率は、相当高いと思うよ。

Excite: TKは今年TM NETWORK20周年ツアーもあったから、ステージ勘は万全だと思いますが。
もっとも重要なKEIKOちゃんのそれは、2年半のブランクがあっても、すぐに戻りましたか。

TK: 客観的に見ても、ドーム・ツアーまで経験しているボーカリストだから、ライブ勘はすぐに取り戻せると思ってたし。実際そうだったし。リハーサル中は探り探りなところもあったけど。ただ、まだ1ヵ月ってところもあるかな。globe decadeは1年間くらいの長いプロジェクトで動いているから、半年くらい経った頃には、もっと成熟した歌になってるよ。身内だから、なかなか誉めにくいけど(笑)。

Excite: それでも、あえて伺いますが(笑)、TKから見たKEIKOちゃんの成長の証明はどのあたりですか。

TK: ひとつは、結婚して2年、一緒にクラブミュージックを聞いたり、自宅のスタジオでレコーディングした事が役立ってると思う。ソロ・デビュー・シングルの制作、サッカー観戦も含め、この2年のさまざまな出来事が歌に反映されてるね、確実に。もうひとつは歌のマネージメントができてる。ボーカリストの絶対条件は歌詞を伝えられるか否かだよね。それができたら、次は曲を操るみたいな感覚になっていくと思うんだ。具体的には、この1曲の中の、歌詞のどの単語を特に強く響かせようか、届けようかとか。どの言葉を選択してるのって尋ねた事はないけど。そういう歌になってる。今回からって事じゃなくて。かなり前から。歌詞は一字一句を正確に伝えればいいってものじゃないから。そこまで事細かに言われてもってところがあるじゃない。だから、あえて耳に残らないように歌う技も、伝える技のひとつというか。そうした歌のマネージメントはKEIKOがやってるから。結婚したからといって、詞の背景を細かく説明する事もないし。基本的には、KEIKOに解釈を任せてる。質問されて答える時も、あくまでも“なんとなく”な言い方をするよね。

Excite: では、TKから見た、今回のツアーでのMARCは。

TK: たとえば僕なら、中学生や高校生の頃から憧れてたわけだよね。ミュージシャンになれたらいいなとか。KEIKOもそう。歌手になりたかったわけだし。だけど、MARCは全然想像もしてなかったと思うよ。コンサートのステージに立ってるなんて。作詞も。だから、音楽的にどうこうよりも、globeがglobeとして成立するためにはどうすべきか認識しながらやってるよね。そのためのラップや作詞だし、ビジュアルやパフォーマンスだったり、グッズ企画やTシャツとかのデザインとかも。しかも、すべてプロフェッショナルなわけ。そこがMARCの凄いところ。どんなキャスティングにも対応してくれるって点では理想的。そういうところに磨きがかかってきてるし。もしもMARCじゃなかったら、どこかで音楽的な衝突があったかもしれないし、YOSHIKIが加入した時も居場所を見つけられなかったかもしれないよね。


Excite: YOSHIKIさんの名前が出たところで伺いますが、このツアーは当初からYOSHIKIさんのいないスタイルを想定していたのですか。それとも4人でやる可能性もありましたか。

TK: このツアーは、企画当初から3人でやろうと決めてたね。
彼は、前々から僕の良き理解者だし、もちろんプロデューサーでもあるから、企画意図を瞬間的に心得てくれたし。しかも、誰もが認める存在感だけど、それを消す事もしてくれるんだよ。消せるというか。逆に、globeのYOSHIKIという存在を放つ時がきたら、相当強烈だと思うよ。楽しみだよね。


Excite: その強烈なglobeをぼくらが見られるのは、いつ頃になりそうですか。



TK: それはまだハッキリ断言できないけどね。できる環境がすべて整うのを待つよりも、走りながら準備を進めるほうが効率的だよねって事。それにこの時代、完成までのプロセスを見せる事も、ドキュメントだし、ひとつのエンタテイメントでもあるし。完成するまで隠し続けてたら、出てきた時には浦島太郎になっちゃう可能性が高いよ(笑)。10年前なら3年かけても大丈夫だったのが、今なら半年が限界じゃないの。3ヵ月かもしれないね。この時代のスピード感だけは止めようがないから。そこは従うしかないというか。だから、実はもう新曲もすでに作ってあるんだよ。

Excite: globeの?

TK: そう。クリエイターだから、時代のスピード感の中で作りたいと思うのは自然だから。今のこのスピードを体感したら、作らざるを得ないというか。6曲くらいは新曲がほぼ完成してる。ほぼボーカルも入ってるし。曲を作った時点からCD発売までの時差が、前々からもどかしかったわけだから、できる限り完成と同時に届けたいんだよ。今日完成したら、明日には聞いてもらえるような。

(ライター:藤井徹貫)
[PR]
by yaki101 | 2005-01-21 02:01 | X JAPAN NEWS
地球 博
[PR]
by yaki101 | 2005-01-17 01:18 | X JAPAN NEWS

大島曉美日記 1月1日

あけましておめでとうございます。今年は元旦早々、YOSHIKIの原稿を書いていた。ここ数年、「年末年始は休む!」と宣言していたので、仕事に追われるお正月は久しぶり。その分、お正月が明けたら、ゆっくりしようかな……あ、「-18-」があるから、無理だ(笑)。今年もよろしくお願いします。
[PR]
by yaki101 | 2005-01-17 01:10 | X JAPAN NEWS

solid



2005/01/12

solidをお買い上げ頂いたMacintoshご利用の皆様へ。

一部の機種においてsolid slide show(solid.html)が読み込めない症状が報告されております。
該当されるお客様はお手数ですが、

●件名:Mac solid
●お名前
●ご住所
●お電話番号
●Mac OS名 と機種名 例(Mac OS9.1 i mac)
●solidをお買い上げになられた時のご注文番号
●返信先メールアドレス

を記載の上こちらまでご連絡下さい。(welchia@dream.com)
メールにて対処方を送信、又は対応OSアップグレードCD-ROMを送付させて頂きます。

heath project
[PR]
by yaki101 | 2005-01-17 01:06 | X JAPAN NEWS

愛・地球博

1993年のリリース時、クラッシック作品としてはおよそ30万枚という異例のセールスを記録したYOSHIKI初のソロ・アルバム「Eternal Melody」。今作はその続編ながらも、それだけに留まらない意味を持つ。

X JAPANの代名詞的バラード「Forever Love」をはじめ、2005年開催「愛・地球博」公式イメージソング「I’LL BE YOUR LOVE」、YOSHIKIのペンによる新生globeの「Seize the Light」、そして今回が初CD化となる5曲(hide死後に書き下ろしたX JAPAN未発表曲「WITHOUT YOU」、YOSHIKIのソロ作品であるピアノ協奏曲 「Anniversary」、そして彼自身のニュー・プロジェクト、VIOLET UKの「7 th」「Red Christmas」など)…。過去・現在・未来が交錯する中で自らのルーツを検証 するYOSHIKIを捉えた貴重な「record」である。
発売日の詳細等は、本サイト 及びYOSHIKI公式サイトにて後日発表!

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

2005年3月開催の『愛知万博』オフィシャル・コンピレーション・アルバム!
本作は、21世紀の地球・人間愛、平和・調和・自然といったイメージをテーマとした世界の様々なアーティストによるコンピレーション・アルバム≪LOVE THE EARTH≫。愛知万博のイメージ・ソングであるエリック・クラプトンの「セイ・ホワット・ユー・ウィル」をはじめ、サラ・ブライトマン、コアーズ、ジャニス・イアン、ヨーヨー・マ、オリビア・ニュートン・ジョン&デヴィッド・フォスターなど、豪華なラインナップが揃い、また公式イメージソング「I'll Be Your Love」(英語ヴァージョン)も収録!
価格:¥2,730(税込)
価格:¥2,600(税抜)
今ならWポイント!
国内盤 CD
発売日: 2005/03/09
レーベル: WSM
組枚数: 1
規格品番: WPCR-12034

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

HMV レビュー

2005年に開催される「愛知万博」のオフィシャル・コンピレーション・アルバム。
21世紀の地球・人間愛や平和・調和・自然といったイメージをテーマにした様々なアーティストによる豪華コンピレーション。エリック・クラプトンがSMAPに提供する新曲「セイ・ホワット・ユー・ウィル」のオリジナル版(クラプトン・ヴァージョン)を筆頭に、サラ・ブライトマン、コアーズ、ジャニス・イアン、オリビア・ニュートン・ジョン&デヴィッド・フォスター、ヨーヨー・マなど超豪華な顔ぶれによる楽曲が並びます。YOSHIKIプロデュースによる公式イメージ・ソング「I'll Be Your Love」も収録。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 ・Ymの重要なお願い。
今までYmの登録していたメルマガのメール
アドレスは全てリセットされて新しく「アドレス
登録」よりアドレスの登録が必要になりました。
詳しくはYmの「重要なお願い」を読んで下さい。
[PR]
by yaki101 | 2005-01-13 01:54 | X JAPAN NEWS