~ X JAPAN & J NEWS ONLY ~


by yaki101

YOSHIKI、ハリウッド進出…米映画「カタコンベ」の音楽担当

YOSHIKI、ハリウッド進出…米映画「カタコンベ」の音楽担当

 元X-JAPANのYOSHIKI(40)が米国映画「カタコンベ」(07年夏公開)の音楽を手がけ、ハリウッド本格進出することになった。エンディングで使用される主題歌「Blue Butterfly」などを担当。同作はサスペンススリラーで世界公開も決定。YOSHIKIは「人間の性や本質を描きたかった」と曲への思いを寄せている。

 現在、米ロサンゼルスで活動している元X-JAPANのYOSHIKIが米映画の主題歌で本格ハリウッド進出を果たす。ホラー映画で人気を呼んだ「SAW」シリーズのプロデューサー、グレッグ・ホフマン氏の最新作。主演は若手女優の注目株シャニン・ソサモン。新感覚のサスペンススリラーだ。

 パリを舞台に14世紀に作られた地下集団墓地(カタコンベ)で開かれた若者のパーティーで、1人が閉じ込められ、前代未聞の結末を迎える。実話に基づいた映画化という。

 YOSHIKIの映画音楽提供はアニメ映画「X」や韓国映画「僕の彼女を紹介します」などがあるが、今回は世界配給も予定されている大作。製作サイドは日本公開バージョンのみでのテーマ曲を要望したが、今作のメガホンを執る新鋭トム・コーカー、デヴィッド・エリオット両監督がYOSHIKIの音楽を知って関心を持ち、オリジナルバージョンでも起用したいと熱望した。

 歌はユニット「VIOLET UK」でニナという名の米国人女性ボーカル。YOSHIKIは英語で「怖い映画はあまり好きじゃないけれど、この作品はアーティスティックで気に入った。(映画を)見て感じたままに表現した。人間の性や本質を描きたかった」とコメントを寄せた。

 日本公開は07年夏。ラストだけでなく、オープニングの曲も担当するという。
(スポーツ報知) - 9月24日12時10分更新
[PR]
by YAKI101 | 2006-09-24 17:48 | X JAPAN NEWS