~ X JAPAN & J NEWS ONLY ~


by yaki101

hideさんの命日、徹夜組含め6千人のファン

hideさんの命日、徹夜組含め6千人のファン


元「X JAPAN」hideさんの最後の「メモリアルデー」に詰め掛けたファン
 
 ロックバンド「X JAPAN」(解散)のギタリストで、1998年5月に急死したhideさん(本名・松本秀人)の命日にちなんだ最後の「メモリアルデー」が2日、出身地の神奈川県横須賀市にある「hideミュージアム」で行われた。

 ギターや衣装など遺品を展示したミュージアムは、2000年7月に開館し、これまでに約30万人が訪れた。昨年七回忌を終え、今年9月に閉館する。

 2日は徹夜組も含め早朝からファン約6000人が訪れ、hideさんのパネルに献花した。「彼は、どこにでもある空気であり、輝く太陽だった」と千葉県から来た20代の女性。ロック音楽が静かに流れる中、小泉首相も愛したミュージシャンの冥福を祈った。

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

hideさん命日に6000人が涙



今秋、閉館されるhideMUSEUMに祈りを捧げるファン=神奈川県横須賀市

 98年5月に亡くなった人気ロックバンド「X JAPAN」の元ギタリスト・hideさんの命日となる2日、神奈川県横須賀市内の「hide MUSEUM」でメモリアルイベントが行われ、6000人が祈りを捧げた。

 hideさんが亡くなった午前8時52分に合わせ、集まったファン、関係者が1分間の黙とう。同MUSEUMは9月で閉館になるが、hideさんの実弟、松本裕士さん(37)は「hideが終わるわけではない。残してくれた音楽は続いていきます」とあいさつ。会場からはすすり泣きが漏れた。今秋には「hideシングルボックス」が発売のほか、没後のフィルムツアーのDVD化が企画されている。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

「hide MUSEUM」メモリアルデー
ファン6000人が大集結
 元X JAPANのギタリスト故hideさん(享年33)の命日だった2日、神奈川県横須賀市の記念館「hide MUSEUM」で追悼イベントが営まれた。9月25日での閉館が決まり、同館最後となるメモリアルデーには、約6000人の熱烈ファンが大集結。悲しみを新たにするファンに、hideさん初のCDシングルボックス(13枚)が9月に発売されると発表された。

 1998年にhideさんが死去してから7年。亡くなった午前8時52分に、約800人のファンが黙とうをささげた。「ここまで続けてこられたのは、皆さんのおかげです。皆さんの笑顔が見られることが、私たちの最大の喜びでした。あと5カ月、思い思いに楽しい時間を過ごしていただきたい」。弟で総支配人の松本裕士さん(37)は一言一言絞り出すようにあいさつした。

 壁面には巨大ステッカー。在りし日の勇姿に、雨上がりの快晴の空にすすり泣きの声が響く。生花を手向け、故人を偲(しの)ぶファン。愛知県から来たという女性会社員(29)は「呼ばれているような気がして今年も来た。特別な場所なので、閉館は悲しい」と声を落とした。

 同館は当初、3年間の予定だったが、ファンの後押しなどで継続。昨年に7回忌も済んだことなどを理由に、いったん区切りをつけることに。閉館を惜しむファンの声に、松本総支配人は「hideが終わるわけではない。残した音楽は永遠に続いていくものですから」と呼び掛けた。

 現在、7月20日の開館5周年に向け、ゆかりのある有名アーティストらのライブ、イベントを計画している。ただ、閉館日のセレモニーは現在考えていないといい、遺品はスタッフが責任を持って管理していくという。 

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

hideさん7回目の命日にファン6000人
 元X JAPANのギタリストで、98年に急死したhideさん(本名・松本秀人、享年33)の7回目の命日となった2日、神奈川県横須賀市の「hide MUSEUM」にファン約6000人が集まった。同施設は今年9月25日に閉館することを発表しており、ファンにとっては、同所で命日を過ごすのは今年が最後。

 栃木から家族6人で来場した和田浩行さん(38)は「違う形でも(同施設を)残してほしかった」と、名残を惜しむように施設内を歩いて回った。

 写真の前で黙とうする熱心なファンの姿に、hideさんの実弟で同施設の総支配人、松本裕士さん(37)は「家族で話し合い(約1500点の)遺品は何らかの形で、ファンに見てもらえるように考えたい」と語った。

 また、開館5周年となる今年7月20日には記念イベントを開催。hideさんゆかりのアーティストによるライブも企画。秋にはベスト盤、追悼ツアーのDVD化を予定している。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


「hideミュージアム」最後の命日

 98年に33歳で亡くなった元「X JAPAN」のhide(本名松本秀人)さんの命日である2日、9月に閉館する「hideミュージアム」(神奈川県横須賀市)が最後のメモリアルデーを迎えた。

 実弟で同ミュージアム総支配人の松本裕士さん(37)が、hideさんが息を引き取った時刻とされる午前8時52分にファン800人と黙とう。敷地内に飾られた写真の前には多くの献花もささげられた。

 00年の7月20日に設立された同館は9月25日に閉館。当初は3年間の運営予定だったが、多くのファンの要望で閉館が先延ばしされてきた。この日は6000人のファンが詰めかけた。

 なお、9月には歴代シングルを収めたCDボックスが発売されることが決定した。


xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

hide追悼イベントに6000人…未だカリスマ
 平成10年5月に急死した元X-JAPANのギタリスト、hide(本名・松本秀人)さん(享年33)の命日にあたる2日、今秋に閉館する神奈川・横須賀市の記念館「hide MUSEUM」で追悼イベントが行われ、入場者や献花者など合計6000人のファンが訪れた。

 午前8時52分、hideさんが亡くなった時刻に合わせて1分間の黙祷が捧げられた。実弟で同館総支配人の松本裕士さん(37)は、「楽しく、笑顔で閉館を迎えたい。hideのロックスピリッツは永遠。これからも末永くhideを応援してください」と声を詰まらせながらあいさつした。

 12年7月に総工費5億5000万円をかけて建てられた同館には、hideさんが愛用したギターや愛車のキャデラックなど数々の遺品が飾られ、幼少期の貴重な映像が流されている。

 設立当初は3年間の運営予定だったが、ファンの要望により延長。入場料は1500円で、これまで30万人が来場し、昨年の7回忌には1万8000人が訪れ、2キロにも及ぶ行列ができた。しかし、開館5周年を迎える今年、区切りをつける意味で9月25日に閉館することを決定。閉館を惜しむファンの間からは、hideさんのファンが集まれる場所の新設を望む声があがっている。

 閉館後、遺品は同館スタッフが責任を持って管理、建物自体の存続は未定という。今後の予定は公式ファンクラブサイトで発表され、9月にはhideさんの歴代シングルを収めたCDボックスが発売される。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

hideさん偲んで6000人献花
7回目の命日 ラストイベント
 1998年5月2日に33歳の若さで急死した元「X―JAPAN」のギタリスト・hideさん(本名・松本秀人)の命日にあたる2日、神奈川・横須賀市のhideミュージアムで追悼イベント「hide Memorial Day」が行われ、6000人のファンが天才ギタリストの死をしのんだ。


今年9月に閉館となるhideミュージアムで命日に最後の追悼イベントが行われ、大勢のファンがhideの遺影に献花し故人をしのんだ  早朝の開門前には800人のファンが列をつくり、開門と同時にそれぞれが思い思いにミュージアム前に飾られた写真の前に献花やメッセージをささげ、「hide with Spread Beaver」のI.N.A.や「Dragon Ash」の馬場育三らも献花に訪れた。

 hideさんの実弟で、ミュージアムの総支配人を務める裕士さん(37)も「hideが旅立ってから7回目のメモリアルデーとなります。何よりもみなさまの笑顔を見られることが最大の喜びです」とあいさつ。hideさんが亡くなった午前8時52分に、1分間の黙とうをささげた。

 00年にオープンし、30万人もの来場者を集めた同ミュージアムは、今年9月25日に閉館することがすでに決定。昨年七回忌法要も盛大に執り行ったことを機に一区切りするという。7月20日にはhideさんに縁のあるアーティストが集結して開館5周年記念ライブも予定されている。

 同所でのメモリアルデーは今年で最後となったが、9月にはhideさんの歴代シングルを集めた「hide SINGLE BOX」を発売。98年10月にhideさんの映像とともにSpread Beaverが回った全国ツアー「Ja Zoo」もDVD化の計画もあり、33歳でこの世を去って7年たっても、色あせることなくhideさんの音楽が奏でられていく。
[PR]
by yaki101 | 2005-05-04 00:52 | X JAPAN NEWS