~ X JAPAN & J NEWS ONLY ~


by yaki101

万博「愛・地球博」の開会式

あゆ熱唱…「平和の歌」世界へ


愛知万博開会式でのライブで熱唱する浜崎あゆみ=愛知万博長久手会場
 
 「自然の叡智」をテーマにした21世紀最初の万博「愛・地球博」の開会式が24日、愛知県・長久手町のEXPOドームで行われた。式典では元X JAPANのリーダーYOSHIKI(39)が、世界15カ国の首席奏者らで結成された「EXPO スーパーワールドオーケストラ」の指揮者を務めた。また歌手・浜崎あゆみ(26)がこのオーケストラをバックに「A Song is born」を熱唱。世界中に、平和、美しい地球への思いを届けた。
 「歌を作って歌うことしかできない。でも、この地球の姿はこのままであってほしい」。司会者のナレーションが会場に響きわたった。菜の花で飾られたステージ。その真ん中に青く美しい地球をイメージするかのような水色のドレス姿で登場したあゆ。そんな熱い思いをこめてステージに立った。
 平和への使者を任されての大役だった。歌唱曲「A Song isborn」。2001年9月11日。世界中を震撼(しんかん)させたあの米中枢同時テロ事件の後、浜崎自身が平和への祈りを込めて作詞した作品。「生命の大切さや平和」主催者側の強い要望もあり、この曲を歌うことになった。
 観客席には、天皇、皇后両陛下、皇太子殿下の姿が。さらに小純一郎泉首相はじめ、歴代総理大臣に加え、世界各国からのVIP招待客約2400人が見守った。
 あゆにとって初めての天覧歌唱となった。バックには、世界15カ国の首席奏者ら105人で特別編成された「スーパーワールドオーケストラ」が控える。世界平和、地球環境保護、そして愛への思いを、全世界に届けるには最高のステージ。
 「♪もう一度だけ 思い出して 僕らの地球の あるべき姿 そしてどうか忘れないで…」
 声だけでなく、体全体で思いを表現した。「自然との叡智」をテーマとした万博会場全体の思いもひとつにした瞬間でもあった。
 「音楽ってすばらしいな!と再確認しました」。歌うことでしか伝えられない自分。でも、歌うことがより大きなメッセージを伝えられることを改めて実感したステージでもあった。
[PR]
by yaki101 | 2005-04-02 15:21 | X JAPAN NEWS