~ X JAPAN & J NEWS ONLY ~


by yaki101

結婚記念日に小室&KEIKOデレデレ

 3人組ユニット・globeが22日、埼玉・大宮ソニックシティで約2年半ぶりの全国ツアーの埼玉公演を行った。来年8月のデビュー10周年に向けての“助走期間”のツアーで、過去のヒット曲をちりばめた豪華なステージに、日本初のフルデジタル音響システムを導入するなど新しい試みも。この日は2年前に小室哲哉(45)とKEIKO(32)が挙式した「いい夫婦の日」で、貴重な記念日を2500人のファンと一緒に祝った。

 小室が華麗にキーボードを操る。KEIKOのハイトーンボイス。マーク・パンサー(34)のキレあるラップ―。globeがステージに帰ってきた。オープニングの「Feel Like Dance」から、2500人の客席は総立ちだ。

 この日は小室とKEIKOが2年前に挙式した結婚記念日。アンコールにファンから「おめでとう!」の声がかかると、KEIKOは照れたように「ありがとう」を連発。「1週間前まで忘れてたんですよ。ファンの前では初めてじゃないですか」と小室と顔を見合わせながら笑顔を見せた。

 95年8月にデビューしたglobeも来年で10周年。元X JAPANのYOSHIKIを加えて進化を続けるが、近年はソロ活動が中心でglobeとしてのツアーは約2年半ぶりとなる。10周年に向けての助走期間として、原点回帰となる3人でのライブだ。披露曲も「Departures」「wanna Be A Dreammaker」など過去のベストシングルを集めた全19曲と豪華なラインアップとなった。

 ライブは2部構成で、小室が影響を受けているサッカーにヒントを得て、ライブ中に15分間の「ハーフタイム」を設置。ハーフタイム中には携帯などから会場だけでアクセスできる掲示板の開設など、マルチメディア時代の企画が盛り込まれた。

 小室は「きょうのコンサートの成功は、ここから見えるみんなの笑顔が物語ってるよね。どの曲がよかったか、話しながら家に帰って下さい」と記念日パフォーマンスに大満足。マークは「レッズも優勝するし、大宮も上がりましたね。いいことばっかり」と地元のファンに呼び掛け、「10周年に向けて突っ走って行くんで、よろしく」と宣言していた。
[PR]
by yaki101 | 2004-12-02 21:17 | X JAPAN NEWS