~ X JAPAN & J NEWS ONLY ~


by yaki101
X JAPANが8月2日に台湾・台北ワールドトレードセンターでライブを行うことが発表された。

この公演は、ロサンゼルスのYOSHIKIのもとに届けられた1万通以上におよぶ「台湾に来てほしい」という台湾のファンからの嘆願書がきっかけで実現。7月にパリで、9月にはニューヨークでのライブが決定している彼らが、今度は初のアジア公演に挑戦することになる。

会場となる台北ワールドトレードセンターは昨年12月に完成したばかり。同ホールにおけるキャパシティ3万人規模のコンサートの開催は、今回のX JAPANのライブが初となる。

今年3月に東京ドーム3DAYSライブを決行したX JAPAN。3日間にわたる公演に集まった15万人の観客のうち、海外からは約1万5千人を超えるファンが世界各国から駆けつけたという。アジアでも絶大な人気を誇る彼らが、現地でどのようなパフォーマンスをみせてくれるのか、大きな注目が集まる。
[PR]
# by yaki101 | 2008-05-07 23:16 | X JAPAN NEWS
X JAPANのギタリストで、ソロとしても活躍したhideの追悼公演「hide memorial summit」が5月3日(土)、4日(日)に東京・味の素スタジアムで開催された。hide with Spread Beaverの10年ぶりの再結成などで盛大な“祭り”となった初日に続き、最終日もイベントに賛同したアーティストたちが熱いライブを繰り広げた。

 序盤に観客を圧倒したDIR EN GREYは、hideが作詞・作曲を手掛けた「MISCAST」をカバーしたほか、「dead tree」「朔‐saku‐」などを鬼気迫るパフォーマンスで絶唱。ボーカルの京は、偉大な存在であるhideに思いをはせるかのように何度も天を仰いだ。

 ライブの熱気が高まる中、ひと際大きな歓声を浴びたのは、hideと親交が深く、これが再々限定結成となったLUNA SEA。ボーカルのRYUICHIが「飛ばしていこうか!」と煽り、「Dejavu」「SLAVE」などの激しいロックチューンを立て続けに連発。また、「最大限の感謝とリスペクトを込めて…」と、かつてhideとRYUICHIがデュエットした「SCANNER」も演奏。バンドの実力を見せつけた。

 観客が両手で「X」を掲げて、残る1組を待ち望んでいると、拳を上げたYOSHIKIを先頭にX JAPANのメンバーがステージに集結。TOSHIの「てめぇら、思いっきりいけ!」という挑発に沸き立つ観客のボルテージを1曲目の「Rusty Nail」で一気に引き上げ、「SCARS」「Silent Jealousy」とたたみ掛けた。さらに、生前のhideのインタビューや、メンバーとの交流の様子を収めたメモリアル映像が映し出された後、「Without You」「紅」を披露してステージを後にした。

 しかし、鳴り止まないアンコールに応えてX JAPANが再び登場。YOSHIKIは「またコンサートが一発決まっちゃいました」と、8月2日(土)に台湾の「台北ワールドトレードセンター」にて3万人規模の公演を行うことを発表し、「HIDEも一緒に連れていきます」とファンに誓った。

 さらに、LUNA SEAや3日に登場したT.M.Revolutionら出演アーティストによる、まさに最強メンバー総勢60名からなる「無敵バンド」が誕生。X JAPANを代表する名曲「X」が、YOSHIKIのギター、LUNA SEA・真矢のドラム、TOSHI、RYUICHI、西川貴教らのボーカルで実現すると、観客は一体となって“Xジャンプ”を繰り返し、歴史的な豪華共演に熱狂した。そして、ラストはX JAPANのメンバーをかたどった人形が登場。HIDEを中心にしたX JAPAN“5体”がステージにそろい、2日間で計約14時間の追悼公演は幕を閉じた。
[PR]
# by yaki101 | 2008-05-07 23:14 | X JAPAN NEWS
ロックバンド・X JAPAN、LUNA SEAらが4日(日)、前日から東京・味の素スタジアムで開催したギタリスト・故hideさんの追悼ライブ『hide memorial summit』で“無敵バンド”を結成した。大トリを飾ったX JAPANの演奏も終わりを迎えようとしていた場面でリーダーのYOSHIKIが「物珍しいもの行くぜ!」とシャウトすると、両日の出演アーティストが続々と登場。夢のコラボバンドで代表曲「X」を演奏してフィナーレを色濃く演出すると、会場は2日間で一番の怒涛の歓声に包まれた。

 この日は、X JAPANの演奏時に高速ドラムやピアノで魅了していたYOSHIKIがhideさんの愛用していたギターを担ぎ「ピンクスパイダー」(hide with Spread Beaver)を演奏するというサプライズに続き、LUNA SEAとともに彼らの代表曲「BELIEVE」でYOSHIKIがドラムを担当するというセッションでもファンを酔わせた。

 そして迎えたイベント終盤。「お祭り騒ぎにしたい」――追悼ライブ開催を発表した会見でYOSHIKIが宣言したとおり、最後は総勢約60名のアーティストが入り乱れて狂喜乱舞なステージを展開。“無敵”という旗が何本も掲げられ、TOSHI(X JAPAN)、RYUICHI(LUNA SEA)、T.M.Revolutionら豪華ボーカル陣の煽りなどもあって会場に集まった5万人のファンのテンションは最高潮。スタジアムは何度も沸き起こった“Xジャンプ”で揺れ動き、またhideさんへの熱い想いがステージ上へ一点に注がれた。最後にTOSHIは「hide、ありがとうよ! また会おうぜ!」と手を天に差し伸べて“再会”を宣言し、およそ8時間にも及んだイベントは幕を下ろした。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
着うた(R)/着うたフル(R)
X JAPAN/

着信メロディ
X JAPAN/ LUNA SEA/ Dir en grey/
[PR]
# by yaki101 | 2008-05-07 22:38 | X JAPAN NEWS
98年に33歳で死去したX JAPANのギタリスト故hideさんの追悼公演「hide memorial summit」が4日、東京・味の素スタジアムで最終日を迎え、X JAPAN、LUNA SEAら10組が出演した。大トリのX JAPANはYOSHIKIが16年ぶりにギターを弾き、LUNA SEAと共演するなどサプライズの連続。最後は花火も上がり、楽しいことが大好きだったhideさんを喜ばせるような「祭り」で幕を閉じた。

 高速ドラムと繊細なピアノを武器とするYOSHIKIが、ギターを弾いた。X JAPANとしてhideさんのソロ曲「ピンクスパイダー」を演奏しようとした時だ。YOSHIKIはスタッフからhideさん愛用ギターと同モデル「イエローハート」を受け取ると、ステージ中央でかき鳴らした。会場からは驚きの歓声が上がった。YOSHIKIがステージでギター演奏するのは、92年の「エクスタシーサミット」以来。ドラムにLUNA SEAの真矢(38)、TOSHIの歌で同曲を披露。人を驚かすことが好きだった親友へ、YOSHIKIからのプレゼントだった。

 サプライズは続く。LUNA SEAとX JAPANの共演でLUNA SEAのヒット曲「BELIEVE」を披露。RYUICHI(37)とTOSHIのツインボーカルで、ドラムはYOSHIKI。今度は真矢がギターを担当する編成でTOSHIは「めったに見られねーぞ!」。

 最後は総勢60人による「無敵バンド」として「X」を演奏した。ボーカルはTOSHI、T.M. Revolution(37)RYUICHIら5人。ドラムは真矢で、YOSHIKIは黒いギターでステージを駆け回る。会場は危険防止のため「ジャンプ禁止」と張り出されていたが、無敵バンドにルールは通じない。5万人のジャンプで、スタンドが揺れた。

 花火が上がり、TOSHIが「hide、ありがとう」と叫んだ。hideさんがいたからこそ集まれた「無敵バンド」。死去から10年。今でもX JAPANのメンバーとしてファンの心に生き続けている。YOSHIKIも感慨深げに客席を見つめ「また東京でやりたいよね。東京ドームは(開演時間が遅れた)前例があるから出入り禁止? だったら大阪ドームに行こう」と、再会を約束した。

 [2008年5月5日7時59分 紙面から]
[PR]
# by yaki101 | 2008-05-07 22:33 | X JAPAN NEWS
元X JAPANのギタリスト・hideさんの没後10年を記念したイベントライブ「hideメモリアルサミット」の最終日公演が4日、東京・調布市の味の素スタジアムで行われ、X JAPAN、LUNA SEAなどが出演した。ラストでは2組のバンドが合体した夢のグループ「無敵バンド」が「X」を披露。5万人のXジャンプで熱狂の夜を締めくくった。

  ◇  ◇

 「無敵と書いてEXTASYと読む!」(YOSHIKI=年齢X)。「hideメモリアルサミット」は、YOSHIKIが設立した「EXTASY RECORDS」のイベント「EXTASY SUMMIT」の2日間限定の“復活”でもあった。

 X JAPANのステージがアンコールに入ると、SUGIZO(38)、真矢(38)らLUNA SEAのメンバーが次々に登場した。真矢がドラムの位置につくと、YOSHIKIは黄色にピンクのハート柄がついたhideさんモデルのギターを手にした。hideさんの曲「ピンクスパイダー」でギターをかき鳴らすYOSHIKIの姿に会場は絶叫した。

 ボーカル・RYUICHI(37)が登場すると、今度は逆にYOSHIKIがドラムをたたきLUNA SEAの「BELIEVE」を披露した。92年の「EXTASY SUMMIT」以来の共演は、hideさんのために催した宴だからこそ実現したシーンだった。

 最後はLUNA SEAの全員や、前日ステージに立ったT.M.Revolutionの西川貴教(37)、出演バンドのメンバーも加わり、総勢60人の無敵バンドが完成した。hideさんの名の下につどったロック野郎たちは唯一披露した「X」を心底楽しんだ。TOSHI(42)は何度も「hide!」と天に向かって絶叫。5万人のファンは10年分の思いをぶつけるように魂のXジャンプを繰り返した。
[PR]
# by yaki101 | 2008-05-07 22:32 | X JAPAN NEWS